おき接骨院TOP > シンスプリント

シンスプリント

シンスプリント

シンスプリントは「脛骨過労性骨膜炎」とも言われる、痛みを伴うスポーツ障害です。運動時や運動後に、下腿内側に位置する脛骨の下方に痛みが生じ、慢性的な疼痛と圧痛が主な症状として現れることで知られています。

また、シンスプリントはどのような治療を行っても、その効果が明確に実感できないという特徴があり、スポーツ障害の中でも治療が難しい病気として知られています。また、病態としては、長母趾屈筋、長趾屈筋、後脛骨筋、ヒラメ筋の脛骨起始部に継続的に与えられたストレスによる、骨膜の炎症反応だとされており、時に、脛骨の疲労骨折と誤って診断されるケースもあります。

シンスプリントは、陸上選手やバスケット選手など、走り込みやジャンプが多いスポーツを行う選手によく見られるスポーツ障害です。この病気は「練習をやめないと治らない」「治療に時間がかかる」と言われるため、スポーツに打ち込む学生やアスリートにとって、非常に悩み多き病気となっています。しかし、富山市内おき接骨院では、患者様の症状や痛みの度合いに合わせ、最適の治療プログラムを組み、できる限り短期間で練習に戻れるよう、全力でサポートを行っています。

スポーツを続けながらシンスプリントを治療したいという方は、是非一度、おき接骨院へご相談下さい。

ストレッチ

 

診療時間
治療案内
交通事故治療・むち打ち治療
腰痛治療
ぎっくり腰治療
膝痛治療
肩こり治療
頭痛治療
オスグッド
シンスプリント
野球治療
サッカー治療
テニス治療
酸素BOX
美容部門
加圧トレーニング
美脚トレーニング
ラジオ波痩身&楽トレ
猫背ストレッチ&楽トレ
楽トレ
コンディショニング調整
産後 骨盤矯正 リアライン・コア
高濃度炭酸ミスト
小顔エステ
ヘッドスパ
リアライン・インソール・スポーツ

おき接骨院ブログ

お問合わせはこちら

ページの先頭へ